留袖・訪問着・付下げ

≪黒留袖≫

既婚女性の第一礼装として、結婚式で新郎新婦の母、親戚が着用します。
生地には濱縮緬や丹後縮緬などの地模様のない縮緬を用い、裾に模様が入れられ、五つ紋が入っている着物です。

≪色留袖≫

黒留袖とともに慶事に着用される、地色が黒以外のものが色留袖です。さまざまな地色とエレガントな模様は、礼装から準礼装までと着用範囲が広く、とても重宝します。

≪訪問着≫

訪問着は留袖の次に格が高く、お洒落な要素もあわせもった着物です。絵羽模様と呼ばれる、胸や袖の部分につながるように模様が入っているのが最大の特徴です。
色留袖との違いを見分けるには、胸元の柄の有無で判断するとわかりやすいでしょう。華やかさと品をもつ訪問着は紋を付けると準礼装となり、紋なしだとよりカジュアルになります。古典的な模様からモダンなものまで、柄行は多種多様です。

≪付け下げ≫

「付け下げ」というのは、着物の柄が上向きになる模様付けのことです。未婚・既婚問わずご着用可能で、着用シーンも訪問着と変わりませんが格式あるお席には、格の高い訪問着をおすすめします。

 

≪付下げと訪問着の違い≫

付下げは反物の状態で染め加工します。訪問着は柄が全体に縫い目で繋がっているのに対し、付下げは肩山や袖山に向かって上向きに描かれ上品な優しい柄が多いです。しかし最近は多彩な柄や技法により素人目には訪問着と区別のつかないものも多く出ています。
《八掛》訪問着の八掛は表地に合った地織や柄が付けられているのに対し、付下げの八掛は年齢やお好みで別に準備します。

TOP