お子様の着物

《七五三のお祝い》

七五三は本来、

三歳の男女児の「髪置きの祝い」
五歳の男児の「袴着の祝い」(初めて袴をつけて、成長を祝う儀式)
七歳の女児の「紐解き」(今までの付け紐を取り、初めて帯を結ぶ儀式)といいます。

11月15日前後に、三歳の男女児と5歳の男児、七歳の女児が神社詣でをし成長祈願をする行事です。

《お宮参り》

お宮参りは安産を神様に感謝し、赤ちゃんの健やかな成長を祈願して、 氏神様にお参りするしきたりのことです。

お宮参りの日取りは、地方によって多少異なりますが、だいたい男の子で生後31日目、 女の子は32日目に行うのが一般的のようです。

御家の伝統、しきたり、地域の風習・慣習などに従い初着(産着)をもって臨まれるのがよいです。

 

TOP